中小企業倒産防止共済

まさかの時の備えとして

概要

いわば、「取引先に不測の事態が生じたときの資金手当」。取引先企業の倒産の影響によって、中小企業者の方が連鎖倒産したり、著しい経営難に陥るなどの事態を防止するための共済制度で、中小企業者の方々の経営の安定を図ることを目的としています。

特色

共済金の貸付け

加入者は掛金総額の10倍の範囲内で被害額相当の共済金の貸付けが受けられます。<

無担保・無保証人・無利子

取引先企業が倒産した場合、無担保、無保証人、無利子で貸付けが受けられます。

税制上の特典

掛金は、損金算入(法人の場合)、必要経費算入(個人事業者の場合)することができます。

加入対象者

次の条件に該当する中小企業者で、引き続き1年以上事業を行っている方

●従業員300人以下または資本金1億円以下の工業等の会社および個人
●従業員100人以下または資本金3,000万円以下の卸売業の会社および個人
●従業員50人以下または資本金1,000万円以下の小売り・サービス業の会社および個人
●企業組合および協業組合
●事業協同組合、同小組合または商工組合で、共同生産、共同販売等の共同事業を行っている組合
PAGETOP
Copyright © 京都府商工会連合会 All Rights Reserved.