中小企業景況調査報告書

  • HOME »
  • 中小企業景況調査報告書
【京都府内産業全体の景況】

『改善の兆しが見えない小売業』

 売上高D・Iは、前年同期比で全産業9.3ポイント改善(前期▲22.9ポイント→今期▲13.6ポイント)した。
内訳として製造業は、3.0ポイント改善(前期▲8.0ポイント→今期▲5.0ポイント)、建設業は、11.5ポイント改善(前期▲11.5ポイント→今期0.0ポイント)、小売業は、7.9ポイント悪化(前期▲28.2ポイント→今期▲36.1ポイント)、サービス業25.5ポイント改善(前期▲33.3ポイント→今期▲7.8ポイント)となった。

 
一方、採算D・Iは、前年同期比で全産業14.3ポイント改善(前期▲34.5ポイント→▲20.2ポイント)した。
製造業は、4.1ポイント改善(前期▲21.6ポイント→今期▲17.5ポイント)、建設業19.3ポイント改善(前期▲23.1ポイ ント→今期▲3.8ポイント)、小売業は、3.4ポイント悪化(前期▲41.3ポイント→今期▲44.7ポイント)、サービス業は 、31.3ポイント改善(前期▲42.0ポイント→今期▲10.7ポイント)した。
製造業では、売上、採算共に改善基調であるが、電気料金の値上げや原材料の高騰による費用の増加で利益の圧迫を 指摘する向きがあった。建設業では、熟練労働者及び労働者の確保が困難となっており、受注調整を余儀なくされるケースも見られた。小売業では、4業種の中で唯一売上、採算とも悪化した。調査対象企業から個人消費の回復は 感じられず、大型小売店舗の進出や同業他店との価格を強いられ、売上、採算の悪化を招いている。
サービス業では、 小売業と同様に高齢化及び人口流出という周囲の環境構造の中で、売上、採算面の改善は依然厳しい状況である。

『先の見えない小売業 個人消費の回復に期待』

来期の予測D・I値は、全産業の売上高で1.5ポイント(今期▲13.6ポイント→▲15.1ポイント)の悪化、採算で3.0ポイント(今期▲20.2ポイント→▲23.2ポイント)の悪化と予想される。

業種別景況指標(景気の天気図)
業  種

実 績

予測

26年4月~6月

26年7月~9月 26年10月~12月 27年1月~3月 27年4月~6月 27年7月~9月
製造業
やや悪化
やや悪化
やや悪化
やや悪化
やや悪化
特に悪化
建設業
やや好転
やや好転
やや悪化
やや悪化
やや悪化
悪化
小売業
やや悪化
特に悪化
特に悪化
悪化

悪化

特に悪化
サービス業
やや悪化
特に悪化
やや悪化
特に悪化
やや悪化
やや悪化
第136回中小企業景況調査報告書
(実績:平成26年4月~平成27年6月、予測:平成27年7月~9月)
※ 天気図のよみ方

D・I度

50.1~100.0

25.1~50.0

0.1~25.0

0.0~△25.0

△25.1~△50.0

△50.1~△100.0

指 標
特に好転
好転
やや好転
やや悪化
悪化
特に悪化

内 容

特に好転

好転

やや好転
やや悪化
悪化
特に悪化
【中小企業景況調査の概要】
この調査は、京都府内商工会地域の産業の状況等地域の経済動向等について、全国商工会連合会と提携し、全国一斉に実施しているものです。
PAGETOP
Copyright © 京都府商工会連合会 All Rights Reserved.